手荒れ

手荒れ

手荒れの原因は色々あります。うっかりしていると思わぬ病気が原因の場合もあるので注意が必要です。

通販情報局 ♪ > 手荒れ

手荒れ 原因

 手荒れの原因は色々あります。それぞれの原因をあげてみたいと思います。
 まずは、家事などの水仕事が原因で手荒れを起こすケースです。これは食器洗いなどの際に手の保湿成分が洗い流されてしまう機会が多いと言うことですね。保湿成分は、お湯の方が多く流れ出してしまうので、食器洗いなどは熱いお湯を使わない方が良いそうです。
 アレルギーなど体質が原因の場合があります。水洗いなどで起こる単純な手荒れと思ってしまい、原因が他の疾患の場合を見逃してしまうことがあります。手に軽く荒れるくらいだと症状が悪化するまで気が付かないことが多いので、注意したいですね。症状が長く続く、今までと感じが違う、悪化してきたと言う場合は単なる肌のトラブルではなく何かしらの疾患が原因の可能性がありますので早めに皮膚科の受診をお勧めします。また、こうした知識を持つことで、家族や友人に同じような症状が出た時に適切なアドバイスが出来ると思います。
 原因が真菌症というケースがあります。この病気はあまり知られていないませんが、カビが原因となって起こる肌荒れなのです。誰でも発症する可能性があるので注意が必要です。治療に使う薬ですが、ただの手荒れと真菌症では全く違うものを使います。誤った薬を使っていると症状の悪化を招きますので医師の診断を仰ぎましょう。真菌症はいくつか種類があり、代表的なものとしては白癬症があります。いわゆる水虫のことで、その水虫が原因で手荒れのような症状が出るものです。白癬症は皮膚が白っぽくなり、ふやけたり皮がむけたり、ただれたりしますので単なる手荒れとは明らかに印象が異なります。
 また、「カンジダ症」も同様に皮膚に存在するカンジダ菌が原因で手荒れのような症状が現れます。赤い発疹ができて、痛くて痒みを伴う場合は要注意です。
 植物、果物などのアレルギーが原因となるケースもあり、手荒れと間違われることがあります。これは「アレルギー性接触性皮膚炎」と言われ、症状が手荒れと似ているため発症していても病院に行かないで悪化してしまうことが多いそうです。病院でアレルギー検査をしないとわからないので中々わかりにくいのですが、悪化する前に受診したいですね。この皮膚炎は手荒れと症状がほとんど同じなため素人では判別出来ません。

手荒れ ストレス

 主婦の方はお洗濯、炊事、お掃除などで水に触れることが多いので手荒れで悩むことが多いですね。
 ストレスが原因というケースが非常に多く見受けられます。ストレスは色々な疾患を引き起こす恐ろしいものです。しかしストレスは人が生きていく上で避けては通れないものなのでやっかいなのです。
 ストレスをまったく感じずに過ごすのは、かなりハードルが高く難しいことだとおもいます。上手く付き合っていくしかないですね。なかには「全然ストレスを感じない」という方もいらっしゃいますが、もしかすると本人が気づいていないだけなのかもしれませんね。
 精神的ストレス、社会的な要因で起こるストレス、など家庭や仕事上など人間関係のストレスは避けては通れません。ストレスはホルモンバランスを崩して肌トラブルを引き起こしてしまいます。そのため吹き出物や肌荒れ、手荒れを引き起こします。イライラしている時は強いストレスを感じている状態です。
 身体を動かしたり、スポーツや趣味などに集中する時間を作りましょう。汗をかくことは、想像以上に心も体もリフレッシュします。運動が苦手な人は散歩をするだけでも良いでしょう。気分転換をすることがリフレッシュにつながりストレス解消出来るのです。その結果、肌荒れなどの原因を解消することになるのです。




デリケートな手にも安心の食器用洗剤

手荒れ トップへ戻る