肝斑 治療

肝斑 治療

肝斑、自然に消滅することもあるそうですが、放っておくと症状が悪化することも。

通販情報局 ♪ > 肝斑 治療

肝斑 治療 効果

スポンサード リンク

 「肝斑」(かんぱん)とは、主に顔に現れる淡褐色のシミの一種で主に30代から40代の女性に多くみられる症状です。更年期障害が始まるころや、妊娠中・出産後、ピルの服用をきっかけにして症状が出ることもあります。妊娠中や出産後のものは、数ヶ月間で自然に消えていくこともあるようですが、長期間出続けるケースもあるようです。
 肝斑と一般的なシミは違います。特徴としては、「シミの境界部分がはっきりとしている」「左右対称に現れている」「濃淡の差がない」といったことがあげられます。こういった違いを素人が見分けるのは難しいので専門医に診断してもらい正しい治療を受けることが大切です。紫外線で出来たシミと混在している場合もあるので必ず専門医に相談したいですね。素人考えで誤った処置をすると症状が悪化してしまうリスクがあります。

肝斑 治療 期間

 色素沈着を抑える効果があるトラネキサム酸を飲用することで治療効果があるそうです。医療機関で肝斑と診断されると、一般的にトラネキサム酸の飲み薬が処方されることが多く、ビタミンCと組み合わせて使うことでより高い治癒効果が得られるそうです。
 トラネキサム酸は、メラニンを作りだす活性化因子に働きかけ、肌の内側から肌質改善を促す効果があるようです。ビタミンCの併用でシミができにくい肌にして治癒効果を高めると言われています。美白効果があるハイドロキノンという外用剤との併用も行われることがあります。これは、飲み薬で体の内側から、外用剤で皮膚の外側から治療し、より効果的にする方法です。
 トラネキサム酸とビタミンCには肝斑の予防効果もあると言われています。
こういった治療効果を実感できるのは、個人差もありますが治療を開始してから4週間から5週間程度かかるようです。

肝斑 治療 トップへ戻る