住宅ローン 金利

住宅ローン 金利

住宅ローン、変動金利・固定金利など金利についての考え方です。 見落としがちな費用についての情報もお伝えします!

通販情報局 ♪ > 住宅ローン 金利

住宅ローン 金利 引き上げ

 住宅ローンは長期にわたるローンです。月々の支払金額をしっかり判断して組むのはもちろんですが、金利の種類にも意識を向ける必要があります。 「変動金利」は日銀の政策金利に連動し、「固定金利」は10年物国債金利などを参考にして決められています。
 「全期間固定」は借入期間中の月々の返済金額は一定です。代表的な商品としてはフラット35があります。銀行独自の住宅ローンに比べ審査が通りやすいと言われています。
 変動ではその名の通り金利が変動するため支払金額は上下します。リスクとしては金利上昇した時に利息が増え、返済額が増えてしまうことです。変動金利は半年ごとに金利の見直しが行われます。しかし、仮に金利が急上昇しても月々の返済額が急に変わるわけではありません。急激に返済額が増えて家計を圧迫させないように、5年に1回返済利息の見直しがされ、上限も1.25倍までとなっているのが一般的です。そのためあまり金利上昇を意識しないでいるうちに返済額が増えていくといった危険があり、利息の上昇局面に気付きにくいといったリスクがあります。例えば月々10万円の返済額で、5年間で金利上昇局面になった場合、上限の1.25倍になると単純計算で月々12.5万円、さらに5年後に1.25倍になると15.6万円の支払いになってしまいます。
 あわてて変動金利を固定に切り替えようとしても、変動<固定となっているので返済額の負担が大きく増えることになってしまいます。長期的な上昇局面だと判断できれば思い切って切り替えることも検討すべきでしょう。合理的な対策としては繰り上げ返済をする、または更に金利が上がる時に向けて貯蓄をしておくことです。

住宅ローン 金利 今後

 金利の他に注意すべき費用があります。ローンとは別に費用負担が発生します。団体信用保険や保証料や印紙代といったいわゆる諸費用というものです。契約する住宅ローンに含まれている場合もありますので必ず事前に内訳を確認しておきましょう。
 司法書士の登記費用20万円ほどかかるケースもありますので後から気付いて資金計画に影響が出ることもあります。
 住宅の引き渡し前には火災保険と地震保険の費用も考えておきましょう。
 固定資産税の算定は引っ越し後に、区や市の職員が確認に来て固定資産税の金額が決まります。これも忘れてはいけない費用ですね。
 最近はインターネットで1円単位の繰り上げ返済が自分のすきなタイミングで出来ることが多くなってきました。フラット35のように繰り上げ返済は100万円単位というケースもありますので確認しておきましょう。




楽天銀行住宅ローン【フラット35】

住宅ローン 金利 トップへ戻る